ページの最初にheaderタグを使ってヘッダーをつけよう

headerとは何でしょうか。英語の綴りで言うと「頭」ですね。
このタグはページ内には必須のタグとなりますので、どの様に設置して使用するのかまとめました。

header(ヘッダー)タグとは?

headerタグはグループの最初(イントロダクション)の頭になる部分を表します。
見た目の場所は以下の通り。

headerレイアウト

headerタグはページには必須の項目となります。
< html >タグ直下にある< head >とは別物になりますのでご注意ください。

header要素内には何を入れたらいいの?

header要素の中には以下のような情報が入る事が殆どです。

  • サイトロゴ
  • メインナビゲーション(メニューボタン)
  • 検索フォーム など

headerタグの使い方

headerタグは「< header >~< /header >」と記載し、headerタグ内に記載された情報がheaderとして認識されます。

headerタグは複数使っていいの?

headerはグループの頭になるタグで、1ページに複数使う事ができます。
例えば、このような形。

この様にマークアップする事でheaderを複数使用する事ができます。
headerタグは絶対にページの頭に設置しなければならない訳ではなく、あくまでグループの頭なのです。

ですが、複数使えはしますが今はページ内の最初だけでいいかなと思っています。
まずはページの一番上に1つ設置する考えで作っていきましょう。

headerタグのまとめ

headerは文字通り「頭」を表します。
頭が無いwebサイトはありませんので、使用しない場合というのはありません。
必ずページ内では設置しましょう!

HTMLコーディングのオススメ本

1冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座

知識ゼロから体系的に学べる!HTMLとCSSの基本。最新の技術に対応!レスポンシブ、Flexbox、CSSグリッド。手を動かしながら学べる!プロの現場で役立つテクニック。コードの知識からデザインのことまで1冊ですべて学べる!

初心者からちゃんとしたプロになる HTML+CSS標準入門

HTML&CSSの使い方が全部わかる。プロを目指すなら、最初に選ぶ本!

できるホームページ HTML&CSS入門 Windows 10/8.1/7対応

タグの理解が深まる!入力例と結果、機能がひと目でわかるからHTMLコードがすぐ身に付く。CD‐ROMに収録の画像編集ソフトでホームページを彩るロゴも作成できる!

現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル(特典PDF付き)

セマンティックWebに対応するための構造化マークアップ。MFI時代におけるモバイル対応からAMP対応まで。検索意図・共起語を意識したコンテンツSEO。Googleの特許から紐解く被リンク・サイテーション獲得戦略。レンダリング・ネットワークの仕組みから理解する高速化技術。施策だけで終わらせないモニタリングレポート。