Xサーバーで常時SSL設定(サイト全体をSSL化)をしてみよう!

SSLとはSecure Sockets Layerの略で、ブラウザとサーバ間で通信を暗号化する仕組みの事です。
インターネットでクレジットカード情報やログイン情報などを暗号化送信する事で改ざんを防ぐ役割を持っているのがSSLです。
常時SSLとはサイト全体をSSL化しサイトを守ろうというもので、現在のwebサイトでは必須となっています。
Xサーバー上での設定方法をご紹介します。

常時SSLの設定方法

それではXサーバーで常時SSL設定を行っていきます。

「ホームページ」から「.htaccess編集」を選択

ホームページ欄から「.htaccess編集」をクリックします。

SSLを設定したいドメインを選択

常時SSLを設定したいURLを選択します。

「.htaccess編集」タブを選択

「使用前のご注意」と「.htaccess編集」タブがありますので、右の「.htaccess編集」タブを選択します。
認定対象ドメインがSSLを設定したいドメインになっているか確認します。

.htaccessを編集

.htaccessに以下の記述を追加します。

これでサイト全体の表示をSSL化する事ができます。
こちらで記述すると「http://~」でアクセスしても「https://~」へ転送されます。

記述後に確認画面へ進み、次のページで「実行する」をクリックする事で設定が完了します。

設定完了後は必ず最後はチェックします!

設定が完了したら、必ずwebサイトがちゃんと「https://~」で開くか確認しましょう。
.htaccessファイルは記述が間違う事でサイト全体が表示しないなんて事もありますので、設定後は必ず鍵マーク、「http://~」でアクセスしても「https://~」へ転送されるか、サイトはちゃんと開くかを確認しましょう。

まとめ

SSLはwebサイトを公開する上で今は必須となっています。
きちんと暗号化する事で悪い人たちからサイトを守る!大事な事ですね^^

高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

  • 月額990円(税込)から、大容量300GBからの高コストパフォーマンス
  • 安定のサーバー稼働率99.99%以上
  • 高速性を重視し、最新48コアCPU+大容量512GBメモリ+ 「オールNVMe」RAID10構成を採用!
  • 幅広いバージョンのPHPやSSHに対応!
  • 初心者でも安心の24時間365日メールサポート!

格安ドメイン名取得サービス【Xserverドメイン】』

Xサーバーでサーバーをレンタルするならドメインも一緒に登録できるので、管理も運営も一社にまとめて楽々です!