flexboxのflex-wrapを使ってアイテムを折り返す方法

flexboxの「flex-wrap」を使って、アイテムを折り返す方法をご紹介します。

ベースになるHTMLを組みます

CSSを設定する前に基本になるHTMLを組んでいきましょう。
HTMLだけでは表示した時に分かりづらいので、CSSでサイズと色をつけます。

HTML

flexboxで「flex-wrap」を設定する

flexboxの「flex-wrap」でアイテムを折り返す設定をしていきます。
divには解りやすいようにCSSにはサイズと色も入れていきます。

  • 全体のwidthを660pxにする。
  • 数字が入ったdivは200px×200pxの箱にして色をつける。

CSS

ブラウザ確認

660pxを超えた所から折り返されてるようになっています。
widthの数値で折り返される箇所が変わります。

まとめ

自由に折り返しができるので、floatよりソース数も少なく使いやすいと思いました。場合によるかもしれませんが。。。

CSSコーディングのオススメ本

CSS辞典 第5版 [CSS2/3/4対応]

本書は、Webデザインに必須の技術「CSS」の文法リファレンスです。大幅改訂となる第5版は、現時点の最新状況を反映し、Web制作を学ぶなら必ず押さえておきたい基本のCSS2.1、仕様の策定とブラウザでの実装が進められているCSS3、さらにはその次の規格であるCSS4(Level4モジュール)まで掲載しています。

Web制作者のためのCSS設計の教科書 モダンWeb開発に欠かせない「修正しやすいCSS」の設計手法 Web制作者のための教科書シリーズ

予測しやすい、保守しやすい、最利用しやすい、拡張しやすい―コンポーネントやCSSプリプロセッサを意識した設計・管理の実践など、「ちゃんとCSSを書く」ためのプロの考え方を徹底解説!

1冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座

知識ゼロから体系的に学べる!HTMLとCSSの基本。最新の技術に対応!レスポンシブ、Flexbox、CSSグリッド。手を動かしながら学べる!プロの現場で役立つテクニック。コードの知識からデザインのことまで1冊ですべて学べる!

初心者からちゃんとしたプロになる HTML+CSS標準入門

HTML&CSSの使い方が全部わかる。プロを目指すなら、最初に選ぶ本!